フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

久しぶりのココログ

何年ぶりか・・・?2009年から書いていないんだなぁ。

ずいぶん遠ざかってしまったなぁ。

恋太郎(犬、フレンチブル)も三歳となり。ソファーにドカッと座っています。

旅行もたくさんした。沖縄、韓国、ハワイ、グアムとか。

前はちょっとしたことをネタにちょくちょく書いていたのに、なんだか最近書かなくなったなぁ。

とりあえず、今は・・・未だに韓国ドラマみまくってますね・・ははは。

今見ているのは「トンイ」、「アテネ」、「王と私」それから二回目だけど「イ・サン」「シンデレラマン」「パスタ」・・・結構みてますな(笑)

母がひょんな事から韓国ドラマに今更ながらはまってしまい、母も結構見てます。

なんだか調子が出ません。どうやって書いてたかな?!

懐かしい&かわいい

1332050428_94
こんなのを見つけて思わず衝動買い。
幼稚園とかそんな小さい頃、お道具箱に入ってたなぁ~
ってそれはのりなんだけど、これはハンドクリーム。
かわいいからつい買っちゃいました。




1332050428_58
恋太郎に見せた所、欲しがってました。
犬だしね これ。

大学病院嫌い(長文です)

8月に「やっと前に進める」なんて思って日記を書いたけれど、なんだかどっちにむかって頑張っているのか自分自身わからなくなっています。
頑張り所がわからないというか、何をどうしたらいいのか・・・不安です。

大学病院に通い始めて3ヶ月。
毎回、先生の言葉等に傷ついて泣きながら帰ってくる日々が続いています。

初診の時はそう5時間も待たされて、一日仕事みたいになって帰ってきました。その時は、血液検査(不育症の原因となるもの、遺伝子検査等)をしました。

通院二回目、遺伝子検査は夫婦共やらなければいけないという事を前回言われていたので、今回は夫と二人で行きました。
毎日先生が変わるので、この日はもちろん前回の先生とは違いました。

遺伝子検査をしに来た事は伝え、前回の結果を教えてもらえるのかと思いきや、ザッとカルテを見て「血液検査は前と同じですね・・・」と言い放ち。
いやいや、前と同じって?!私がこの前調べてもらったのは不育症の検査で今までやった事無い検査でしょう?

まぁいいやと思って結果は聞きたかったので「前の病院で出来なかったたんぱく質の活性?の検査はどうだったんですか?」と恐る恐る聞いてみました。(活性の話は前の病院でとっても詳しく先生が教えてくれたので、その言葉通り伝えました)

すると、ちょっとキレ気味に「だからーさっき言ったように前と同じ様に異常が出てます、さっき最初に言いました」と言われました。

でも、先生が異常って言ってるのは凝固の検査の所を見て言っていて、それはもう前の病院でもわかってるんだってばー!
何度検査しても同じなので、それはともかく出来なかった不育の部分の結果をしたはずでした・・・。
もうそんな風に言われたらそれ以上聞けなくて私は黙ってしまいました。

そこへ、院内電話・・・・。「ちょっと・・」といって暫く話し奥へ消えていった。
イライラ・・・。本当にムカついてすごい事言っちゃいそうでした。

戻ってきて、もう一度カルテをみながらぼそぼそ話し始めてしばらくして「活性?活性!あーこれかぁ」とか言い出しました。

「だから活性って言ってるだろう!さっきから」と言いたかったですがそこはぐっと我慢。
バツが悪そうに「あーこれね、これはまぁ・・異常は・・・ないかなぁ」と曖昧な言い方。
なんなんだよ・・・もうやだ~(悲しい顔)

その後、不育症の人でも何パーセントの人はちゃんと原因がわかって、原因不明の人はどれくらいで、ちゃんと産んでいる確率のような話をされました。
そんなの、聞いてどうするんだ?!だからなんなんだ?って感じです。

今回は今の時期に出来る検査をまたしますと言われまた血液検査をする事になりました。
「次の予約はこの日にとっておくから生理の来た都合で変更してください」と言われ、いつがいいかとか何時がいいかとか聞かれもせず(他の先生は聞いてくれます)予約を入れられてポンと渡されました。
しかも、12時40分。なにそれっむかっ(怒り)

中途半端すぎて、午前休も午後休も取れやしない、結局また一日休暇をとらなければいけない事になりました。涙
少ない有給がどんどん減っていく・・・。

そこへまた院内電話。またかよ・・・と思いましたけど。
すると、「じゃ、そういうことで」と言いながら奥へ消えて行きました。

もう、怒り爆発でした。
「二度とここに来たく無い」と思いました。
全く、患者の気持ちを考えていない心無い診察や対応。
時間がかかるばっかりで、ここの大学病院は定評があるらしいけど、どこを見たらそう言えるんだろう。機械は最先端のものを使ってるかもしれないが、人間的には最低だと私は思いました。

帰りの車で、もうどうにも悲しくなって号泣してしまいました。
「もうやめたい」とさえ言ってしまいました。
「毎回私がどんな気持ちで病院に行ってるのかわかるの?」とか夫に当たり、いいことなしです。
夫は夫で「じゃあ期限を決めよう」などと言ってくれましたが、何の慰めにもなりませんでした。

自分がどっちを向いてがんばったらいいのか・・・本当にわからなくなった始まりの日でした。

しかも、この日、夫の遺伝子検査の検査代を取り忘れたらしく後日手紙がポンと送られてきて、7200円次回払ってくださいという文面。
文頭に「お電話をさせていただきましたが、つながりませんでしたので書面でお送りさせていただきます」というような事が書いてあったのですが、自宅の留守電にも夫の携帯にも一度も電話かかって来ていませんでした。
これどういうことよ?!

最終的には、きっと私だけなんだこんな嫌な思いするの。
どうしていつも私なんだろう。私はどんな悪いことしてきたんだろうって自分を恨みたくなるほどでした。

犬の飼い主検定

写真2

「犬の飼い主検定」の受験申し込みをしました~。
そして、公式テキストも購入しました!!!
遅いかしらん・・・。11月28日なんだけど。
がんばって勉強します!

ついでに、フードのお試しをいっぱい申し込んじゃいました。
というのも、少し前恋太郎のお腹がゆるくてどうにも困っていたので、何かいいフードはないかなと探している事もあって、いろいろと試してみようと思ってます。

翌々日には届いて、オーガニックのフードがお試しなのに結構な量が入っていてなんか嬉しい

虫の知らせ?

先日、叔父が亡くなりました。

母の弟です。

少し前に母と一緒にお見舞いにも行きましたが、残念ながらつい先日亡くなりました。

「おかしいんだよー」と母が私に話してくれた話です。

準備をしていたように、亡くなったと連絡をもらう前までに、母は美容院へ行っていて、

さらに、現金を引き出してこないといけないなと思いお金もおろしてきていたそうです。

「なんだか、準備してたようになっちゃったわ」と言っていましたが、私はきっと叔父が

仕向けたんだなぁ・・・叔父らしいなぁと思いました。

几帳面で、なんでもちゃーんとしていた叔父です。

姉である母に「バタバタしないようにちゃんと準備しといてくれよー」と、叔父がさせたんだなぁと思いました。

虫の知らせとは少し違うかもしれないけど、不思議な気持ちになりました。

几帳面で、神経すり減らして生きてきた人だったので、安らかにゆっくり眠ってくださいと言いたいです。

映画「HACHI」

やーーーっと見てきました。
「HACHI~約束の犬」
かわいいねぇやっぱり。

昔、仲代達也が主演の「ハチ公物語」を見たけど、それよりもうんときれいに優しく描いてあったかな。
「ハチ公物語」ってもっとかわいそうだった記憶があったから。

リチャード・ギア版の「HACHI」、ハチの忠誠心が日本人って感じをかもしだしてました。

老いてからのハチ役のワンちゃんは老犬を使ったんだろうか・・・?とか余計な事まで気になった私でした(笑)
なんかかわいそうだなとか思ったりして。

写真
途中、こんな恋太郎を思い出しながら見ました。

抜け毛の季節到来

秋です。抜け毛の季節が早くもやってきたようです。
写真
今朝、ブラッシングをしたら…これ すごいわ。抜ける抜ける。
夏前も確かにすごかったけど、またすごい。
毎日ブラッシングしてるけど、毎日これぐらい抜けるから大変。
でも、皮膚が弱いので抜け始めたらちゃんとブラッシングをやってあげないとアンダーコートが残ってると、皮膚トラブルの原因になるらしいのでせっせとやってます。手(チョキ)
そんな私の心配をよそに、恋太郎は
散歩から帰ってきて、玄関で涼んでおりました。
写真
この後すぐこれです。
写真

考えたら、季節に合わせて毛が生え変わるなんてすごい事ですね~
ワンコは人間みたいに着替えが出来ないからね。
動物ってすごい。

不育症?習慣流産?ハイリスク妊婦?

昨日、休暇を取って名古屋大学付属病院へ初めて行ってきました。
大きい。大きいけどなんだか、事務的でした。

初診だったこともあって、待つこと5時間。
朝の9時頃行って、診察室に呼ばれたのが午後2時。
一体どうなってるの?
これが大学病院の嫌いなところ。
こんなんで、治療に通えるのかとっても心配になりました。

今までの経過を見て、一回は初期流産、一回は継続できなくなったということで一応は「習慣流産になります」と言われ、『えぇっ そうなの?』という感じ。
三回以上流産すると習慣流産と思っていたので、ちょっとビックリ。

前の病院で調べたくても出来なかった検査(不育症の検査の一部)をして今回は帰ってきました。結局また血液検査なんだけどね
その結果を見て、とりあえず不妊治療から普通に始めて行きましょうという結果に落ち着きました。

妊娠できたら、次はハイリスク妊婦として、注意してみていきますと言われました。

私ってそんなにすごい事になっているの?ちょっといやーな気分になりました。

ちゃんと通えるか少し不安です。

最終結論

産婦人科受診。

死産の原因となる抗リンなんとか脂質だと、「その治療が出来るのは名大病院だけだよ」との事。(多分私は違うと思われますが)
「まぁ今度産むときは、名大病院とかで産んだ方がいいかもしれないね」と先生は告げました。
名大病院は、ここの病院で出来なかった血液の検査もできるらしいのです。
血液を機械に例えたら、簡単な検査ではその機械があるかどうかまでは調べられるんです。(この検査でも何かが欠損なら異常だとすぐにわかるんですね)
でも、その機械が正常に機能しているかの検査はどこでも出来るわけではないようでした。

産婦人科の先生と話をしていて、ふと私が思っていることが頭に浮かび・・・私はピンときてしまいました。
前から思っていたんですが、今まで不妊治療、妊娠中、産後と全て別病院に(結果的に)行くことになっていて、これからは一体どこの病院を主にしたらいいのかわからなくなっていました。

トータルで見てくれるところのほうがいいかなぁ・・・と思っていたので。
「はじめから名大病院に行った方がいいですかねぇ?・・・」となんとなく行ってみた所、
「そうだね、それもいいかもね!」と先生は嬉しそうに言ったのでした。

『なんかうれしそうだね先生』と思いましたが、長い時間をかけて血液内科まで受診させといて結果わからずで、どうしようもないなぁと思っていたに違いないので、そりゃそうか・・・となんだかちょっとがっかりでした。
せんせいにはいつも元気をもらって有難かったけど、なんだか私って厄介者?って思っちゃいました。
先生もどうしたものかと困ってたんだろうなきっと。

でも、また転院なんかになったら嫌だなぁと思うので結果的には良かったんでしょうか?

結局、名古屋大学付属病院へ紹介状を書いてもらい行くことになったのでした・・・。
これからどうなることやら・・・です。

4月からの病院通い2

血液内科にかかり始めて4月頃からつい8月の半ばまでそれを続けていました。

血液内科での最後のお話では血液の何番かの因子が普通の人の半分くらいの数値だからそこを治療してみたら(ためしにという感じ)その凝固の数値が変わってくるのではないかというようなものでした。
ただ、その治療には最低でも半年ぐらいはかかるとの事。
強めのホルモン剤で治療するのでその間の妊娠は禁止。
半年後ぐらいからコントロールしながら減らしていく。
その治療をするか、妊娠にすごく影響があるかどうかわからないのでとりあえずこのまままた不妊治療をするか。とのこと。産婦人科の先生と相談してくださいと言われました。

半年も治療だなんて、そしたらもう産めなくなりそうな気がして話を聞いているときから泣きそうになってしまいました。もう一度妊娠を望むとなると年齢の事もあるし・・・と。
「だったら、なんで検査ばっかりして時間を無駄にさせるの!?」と言いたくなりました。
そんなこと初めからわかっていることでしょう?

同じ日に産婦人科を受診。産婦人科の先生との相談。
産婦人科の先生はえらく時間のかかったもんだと頭をひねっていました。
なのに結果は出ないなんて。
本当にやって欲しかった検査もやれていないとのこと。(そう言われても・・・って感じでした)

結局、日を改めて、また血液内科を受診。一体この行ったり来たりはなんなんだ?!と思いながらもここまで来てしまったので今更や中途半端にやめるわけにもいかず・・・。

結局、ここの病院ではその検査は出来ないという事が答え。
というわけで、産婦人科へまた受診する事になりました。

«4月からの病院通い

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログフレンド

恋太郎

  • Image581
    2008年5月28日生まれ フレンチブルドッグ  家の家族、恋太郎です。

沖縄物

  • Shisa
    沖縄限定物、沖縄物を集めてみました

お気に入りサイト