フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月からの病院通い2 | トップページ | 不育症?習慣流産?ハイリスク妊婦? »

最終結論

産婦人科受診。

死産の原因となる抗リンなんとか脂質だと、「その治療が出来るのは名大病院だけだよ」との事。(多分私は違うと思われますが)
「まぁ今度産むときは、名大病院とかで産んだ方がいいかもしれないね」と先生は告げました。
名大病院は、ここの病院で出来なかった血液の検査もできるらしいのです。
血液を機械に例えたら、簡単な検査ではその機械があるかどうかまでは調べられるんです。(この検査でも何かが欠損なら異常だとすぐにわかるんですね)
でも、その機械が正常に機能しているかの検査はどこでも出来るわけではないようでした。

産婦人科の先生と話をしていて、ふと私が思っていることが頭に浮かび・・・私はピンときてしまいました。
前から思っていたんですが、今まで不妊治療、妊娠中、産後と全て別病院に(結果的に)行くことになっていて、これからは一体どこの病院を主にしたらいいのかわからなくなっていました。

トータルで見てくれるところのほうがいいかなぁ・・・と思っていたので。
「はじめから名大病院に行った方がいいですかねぇ?・・・」となんとなく行ってみた所、
「そうだね、それもいいかもね!」と先生は嬉しそうにgawk言ったのでした。

『なんかうれしそうだね先生』と思いましたが、長い時間をかけて血液内科まで受診させといて結果わからずで、どうしようもないなぁと思っていたに違いないので、そりゃそうか・・・となんだかちょっとがっかりでした。
せんせいにはいつも元気をもらって有難かったけど、なんだか私って厄介者?って思っちゃいました。
先生もどうしたものかと困ってたんだろうなきっと。

でも、また転院なんかになったら嫌だなぁと思うので結果的には良かったんでしょうか?

結局、名古屋大学付属病院へ紹介状を書いてもらい行くことになったのでした・・・。
これからどうなることやら・・・です。

« 4月からの病院通い2 | トップページ | 不育症?習慣流産?ハイリスク妊婦? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149460/31155573

この記事へのトラックバック一覧です: 最終結論:

« 4月からの病院通い2 | トップページ | 不育症?習慣流産?ハイリスク妊婦? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログフレンド

恋太郎

  • Image581
    2008年5月28日生まれ フレンチブルドッグ  家の家族、恋太郎です。

沖縄物

  • Shisa
    沖縄限定物、沖縄物を集めてみました

お気に入りサイト